サインイン
ログアウト
CN
メールでお問い合わせください

調査のための最もよいGNSSは何ですか。

Oct 25, 2022

調査のためのGNSSの可能性を解き放つ


調査は、建設やエンジニアリングから都市計画や環境管理に至るまで、幅広い産業を支える基本的な分野です。 今日のテクノロジー主導の世界では、Global Navigation Satellite Systems (GNSS) が測量の実践に革命をもたらし、前例のない精度、効率、使いやすさを提供しています。 しかし、複数のGNSSオプションが利用可能であるため、調査ニーズに最適なオプションをどのように決定しますか? この記事では、考慮すべき重要な機能を探り、GNSSシステムの広大な景観をナビゲートして、調査プロジェクトに最適なものを見つけるのに役立ちます。


調査に最適なGNSSを選択するための重要な要因


1.精度と精度:


あらゆる調査努力の中心にあるのは、高い精度と精度の必要性です。 GNSSシステムを選択するときは、センチメートルレベルの位置決め精度を提供する能力を考慮してください。 リアルタイムキネマティック (RTK) および後処理キネマティック (PPK) 機能は、測量士が望ましい精度を達成できるようにするために不可欠な機能です。 理想的なGNSSシステムは、衛星の可視性が限られている困難な環境でも、一貫した信頼できる結果を提供する必要があります。


2.マルチ星座サポート:


測量に最適なGNSSシステムは、マルチコンステレーションをサポートする必要があります。つまり、GPS、GLONASS、BeiDou、Galileoなどの複数の衛星コンステレーションからの信号にアクセスできます。 マルチコンステレーション機能は、信号の可用性と冗長性を高め、特に空の景色が遮られているエリアで、より堅牢で信頼性の高いポジショニングにつながります。


3. RTKネットワークおよびCORS:


RTKネットワークと継続運用参照ステーション (CORS) は、測量効率を大幅に向上させることができる重要な資産です。 RTKネットワークは、複数の基地局からのリアルタイム修正を提供し、精度を向上させ、個々の基地局を設定する必要性を減らします。 一方、CORSは後処理の修正データを提供し、RTKネットワークカバレッジが制限されている可能性のある遠隔地でも測量士が高い精度を達成できるようにします。


4. GNSSの受信机の性能:


GNSS受信機自体の性能は、調査の成功に重要な役割を果たします。 信号追跡機能、データ更新速度、利用可能なチャネル数などの要因を考慮してください。 より高いデータ更新速度とより多くのチャネルにより、困難な状況でのより高速なデータ取得とより良い追跡が可能になり、地理空間データを最大限の効率でキャプチャできます。


5.データ管理と統合:


効率的なデータ管理と統合は、最新の測量慣行の重要な側面です。 直感的なデータ処理機能を備えたユーザーフレンドリーなソフトウェアを提供するGNSSシステムを探してください。 GNSSデータをGISソフトウェアやその他の測量ツールとシームレスに統合する機能により、ワークフローが合理化され、データ処理が最適化されます。


6.バッテリー寿命と耐久性:


多くの場合、調査には現場での長時間の時間がかかるため、バッテリーの寿命とGNSSシステムの頑丈さが重要な考慮事項です。 厳しい環境条件に耐えるために、長いバッテリー寿命と耐久性のある構造のシステムを選択してください。


結論として、調査に最適なGNSSシステムは、特定のニーズやプロジェクトの要件に合わせたシステムです。 精度、マルチコンステレーションのサポート、RTKネットワーク、およびCORS機能を優先して、測量作業のために正確な地理空間データを実現できるようにします。 さらに、受信機のパフォーマンス、データ管理、バッテリー寿命、耐久性を考慮して、現場での効率と生産性を最大化します。


技術が進歩し続けるにつれて、測量用のGNSSシステムはより洗練された強力なものになるでしょう。 GNSSテクノロジーの可能性を受け入れ、その機能を活用して、測量プロジェクトの新しいレベルの精度と精度を解き放ちます。


関连GNSSプロダクト
関连GNSSニュース
中国がツイン北斗航法衛星を打ち上げる
中国がツイン北斗航法衛星を打ち上げる
中国は、午前2時7分に四川省の西昌衛星発射センターから長March-3Bキャリアロケットの宇宙に北斗航法衛星システム (BDS) の2つの新しい衛星を送ります...
11/20/2018
ユニコアがNVIDIAとの協力を発表
ユニコアがNVIDIAとの協力を発表
最近、UnicoreのGNSSポジショニングモジュールとNVIDIA Jetsonプラットフォームは、マルチソースの融合と適応を完了し、安定した効率的で便利なアプリケーションを提供するために協力しています...
08/14/2022
中国が先住民の北斗システム向けの3番目のオービターを発表
中国が先住民の北斗システム向けの3番目のオービターを発表
中国打ち上げロケット技術アカデミーと中国の通信社は、G3という名前の別の北斗/コンパス静止衛星の打ち上げに成功したと報告しています。打ち上げは15:53:0に発生しました...
01/12/2011
お問い合わせ
購読
私たちからニュースの最新情報を入手するために購読する